1: 名無しさん : 2018/08/18(土) 02:08:29.52 ID:CAP_USER
「これ以上、王道の漫画はない」――荒木飛呂彦が「ジョジョ」を描き続ける理由
8/17(金) 9:26 配信 Yahoo!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/feature/1055

しかし、と荒木さんは断言する。
「これ以上、王道の漫画はない」
それはなぜか?

初代「ジョジョ」担当にして、デビュー前から荒木さんの作品を見てきた編集者、椛島良介さんは当時をこう振り返る。

「早々に打ち切りを覚悟したし、設定にも懸念があった」

「ジョジョ」の人気はなかなか出なかった。

ここで荒木さんは、椛島さんも驚く手を打つ。主人公の交代だ。

ジョナサンが主人公の第1部から、第2部はジョナサンの意思を受け継ぐ子孫、ジョセフ・ジョースターを主人公にした明るい冒険活劇で物語を盛り上げた。

これがトーナメント方式を回避するという効果をもたらした。以降、「ジョジョリオン」に至るまで8人の主人公を通して「ジョジョ」は描かれてきた。

荒木さんが振り返る。

「当時はバブルに向かうころでしたから、時代の空気は上へ、上へと向かっていたんです。トーナメント方式を採用したマンガは時代の空気と重なっていました。
僕はその空気に乗れなかった。上に行ってもいずれ頭打ちになったら、どうしたらいい?って考えてしまうんです」

だからこそ、時代に流されず、自分が描きたい漫画を描くことが大事だったのだという。

「僕はサスペンスを描きたいのであって、それ(トーナメント方式)は描きたい漫画ではない。自分が描きたいものがぐらついたら漫画は終わりです」

主人公も設定も変わるのに、なぜ一本の漫画として続けているのか。それは「人間賛歌」という一貫したテーマがあるからだ。
作品を貫くテーマがあり、少年漫画のルールにのっとっているからこそ、ジョジョは「王道」なのだと荒木さんは語る。

「僕が『ジョジョ』を王道だと呼ぶのは、主人公、悪役であってもキャラクターの志は前向きだからです。そこに悩む人物は描かない。
人生に悩むのは普通のことなので、退屈になってしまう。前向きな志同士がぶつかり合うことで、化学変化やサスペンスが生まれると思って描いています。
登場人物のベクトルは常にプラスに向かっていないといけない。大原則は成長すること。闘うことに悩まないこと。そして、闘うときは孤独であることです」

「少年漫画の登場人物は常に前向きでなくてはいけないというのがルールです。後ろ向きになる、闘うことを悩み続けるというマイナスな要素を入れ込むと、読者はうんざりしてしまう。
『ジョジョ』はこのルールに忠実にのっとっている。だから、王道だと言ってきました。主人公たちを過酷な状況に追い込み、成長しながら道を切り開かせる。
闘うときに、偶然や誰かに頼っているようでは『ジョジョ』は成立しません。1人で立ち向かわなければいけないのです」


no title


いつもの作業机でペン入れをする荒木さん(撮影:殿村誠士)
no title


何をするだァーッ!は修正済み
no title




4: 名無しさん : 2018/08/18(土) 02:23:53.64 ID:/G8AtPV9
さすがにジョジョばかり30年も書いてると飽きてそう



12: 名無しさん : 2018/08/18(土) 02:51:11.03 ID:GuORsCtN
途中から理屈が複雑というか独りよがりになりすぎてなるほどと思えなくなった



15: 名無しさん : 2018/08/18(土) 02:56:39.61 ID:gNAxwq3S
さすがに老けたな
40歳くらいに見える



55: 名無しさん : 2018/08/18(土) 08:41:00.55 ID:31v9TT7s
>>15
20歳近く若く見えるだけですげーわ



79: 名無しさん : 2018/08/18(土) 11:24:59.33 ID:vTwSftjl
>>15
最近は血を吸ってないんだよ



22: 名無しさん : 2018/08/18(土) 03:44:39.75 ID:Z1SKBAml
ジョジョは王道じゃなく正道じゃないの?



23: 名無しさん : 2018/08/18(土) 03:47:24.50 ID:Dv60rcYm
エヴァンゲリオンの否定w



26: 名無しさん : 2018/08/18(土) 04:14:02.08 ID:WPUG37Y7
王道かと言われるとウーンと言わざるを得ない



27: 名無しさん : 2018/08/18(土) 04:31:33.11 ID:GreWJDAq
>闘うことに悩まないこと

たしかにこれ大事だわ
主人公はウジウジ悩むのウンザリだもん



38: 名無しさん : 2018/08/18(土) 06:43:57.32 ID:4vvKpoiI
やっぱり1&2部の頃の様な、マッチョな大男の基本肉弾戦が懐かしな
スタンドは画期的だけどね



58: 名無しさん : 2018/08/18(土) 08:45:11.01 ID:31v9TT7s
>>38
北斗の拳っぽいキラキラムキムキな絵が好きだったな。
特に前向きすぎて無茶な2部が好きだった。
4部後半から絵が変になって受け入れなくなった



60: 名無しさん : 2018/08/18(土) 08:48:06.84 ID:Y+XZqpmr
>>58
初期はもろ北斗の拳の影響受けてたよな



39: 名無しさん : 2018/08/18(土) 06:57:17.18 ID:uW02v3mN
長期に続けてるとジョジョが好きな人たちが噛み砕いてわかるようにアニメ化してくれた



40: 名無しさん : 2018/08/18(土) 06:57:24.28 ID:Q5yojPDH
荒木先生の王道論もジョジョが王道に則っているのもそのとおりだろう
ただ先生の本当の好みはキンキーでそれが滲み出るから…



41: 名無しさん : 2018/08/18(土) 07:00:03.06 ID:hKnJA+g/
>>「少年漫画の登場人物は常に前向きでなくてはいけない」

というかこれ、ストーリー作品全体の原則だよなw
人間存在を「すべて」否定するようなストーリーなんてそもそも、客ウケしない
悲劇ばっか好きな客は精神を病んでしまうし、作り手だって同じ
悲劇や悲劇要素ってのは結局、アクセントでしかない
客と作り手の精神衛生を考えると、統計学的にみて、ポジティブなストーリーに戻るのは当然



44: 名無しさん : 2018/08/18(土) 08:00:36.93 ID:pOv7ywHy
>悩み続けるというマイナスな要素を入れ込むと、読者はうんざりしてしまう。

うん。ナルトが登場人物達にいちいち過去を背負わすのはウンザリした。



46: 名無しさん : 2018/08/18(土) 08:11:34.14 ID:SnOh1uXM
ディオが主人公であってほしかったな



48: 名無しさん : 2018/08/18(土) 08:15:49.62 ID:iTFvXPjz
ちゃんとストーリーが成り立ってたのは2部までだよね
3部からはこまいエピソードを並べてるだけじゃん
後で軌道修正するから齟齬がしばしば目立ってた



51: 名無しさん : 2018/08/18(土) 08:36:23.49 ID:JsHYw1h/
3部、4部はやっぱり面白い



56: 名無しさん : 2018/08/18(土) 08:43:55.30 ID:Y+XZqpmr
なんか先生髪型が芸術家みたいだ



59: 名無しさん : 2018/08/18(土) 08:47:00.74 ID:Y+XZqpmr
確かにジョジョでトーナメントやったら
途端に萎えるわな
ジャンプ連載時割と巻末の方で亜流って感じでやってたな



68: 名無しさん : 2018/08/18(土) 09:20:07.78 ID:cWYilInI
>「少年漫画の登場人物は常に前向きでなくてはいけない」

野比のび太、碇シンジ、喪黒福造はどうなる?



90: 名無しさん : 2018/08/18(土) 12:46:26.20 ID:PenunaGh
>>68
少なくとも喪黒福造は少年漫画じゃない



70: 名無しさん : 2018/08/18(土) 09:28:02.60 ID:kzgKmuvL
思い悩んで立ち直るみたいなシリアスシーンは
アニメーションの動きを節約するためにあると思ってる
だいたいがありきたりで陳腐で眠くなる
荒木作品では思い悩んでもう登場しなくなるキャラいるからさっぱりしていいな



72: 名無しさん : 2018/08/18(土) 09:34:49.02 ID:tdJ9GvPj
確かにジョナサンからジョセフに変わって
一気に面白くなった覚えがあるな

あの切り替えは凄かった



74: 名無しさん : 2018/08/18(土) 10:10:27.56 ID:mJEil1d0
友情・努力・勝利



76: 名無しさん : 2018/08/18(土) 10:22:49.49 ID:PaFiMnnp
だけどそれを読者に悟らせてはいけない



101: 名無しさん : 2018/08/18(土) 15:12:55.31 ID:UhjFQn1g
子供に与える影響って結構でかいからな



107: 名無しさん : 2018/08/18(土) 17:00:51.07 ID:O72/JukB
漫画のトーナメント方式って何だろう・・

幽々とか男塾の試合みたいなやつ?



110: 名無しさん : 2018/08/18(土) 17:14:01.52 ID:xI5FHqBW
>>107
とりあえず当初のストーリーが完結してしまい、
その漫画を存続させるためにこれまで登場した猛者やどこからともなく急にあらわれた何故か強いやつらでトーナメントを行うのがメインストーリーになってしまう流れ



114: 名無しさん : 2018/08/18(土) 17:23:57.46 ID:+z80zThE
あの時代のジャンプ漫画は大抵トーナメントがあった記憶



116: 名無しさん : 2018/08/18(土) 17:36:35.84 ID:VKV2W2UB
>>114
幽白以来大化けした作品はないけど未だにテコ入れ方法の筆頭
=当然ながら失敗して打ち切りになる作品が多い=打ち切りの予兆
最近ではナルトの中忍試験の時のトーナメント以来、ヒット作では見ない気がするけど



115: 名無しさん : 2018/08/18(土) 17:31:00.43 ID:hL907zDc
ジョジョリオンが終盤に差し掛かっているというのにビックリ。まったりともう5年くらい続きそうなのに。



121: 名無しさん : 2018/08/19(日) 01:35:17.74 ID:K5m+ST55
承太郎の魅力は大きいな



88: 名無しさん : 2018/08/18(土) 12:23:13.01 ID:23KvtjIg
前向きは王道だが、トーナメントしないとか1人で立ち向かうってのはジャンプでは確かに異端だな
友情パワーみたいなのがすぐ出てくるマンガ多いもんな




このエントリーをはてなブックマークに追加