4758-1634534022

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 07:17:49.00 ID:9QPuS0pY0
《奈須》
「や、め―――――――」
 クラッシュする。
融ける壁。解ける意味。説ける自己。可変透過率の滑らかさ。乱交する時間。観測生命と実行機能。
小指のない手。頭のない目。走っていく絨毯。一 重。二重。三重。とんで七百七十七の檻。破裂する風船。初めから納まらないという約束。
初めからあぶれだすという規則。初めから死ぬという契約。毒 と蜜。赤と胎盤。水銀灯と誘蛾灯。多重次元に屈折する光源観測、泳ぐ魚、深層神澱にて詠う螺子。
道 具、道具、道具。際限なく再現せず育成し幾星へ意義はなく意志はなく。叶うよりは楽。他の誰でもな いワタシ。漏れた深海。微視細菌より生じる矛盾。
俯瞰するクォーク。すべて否定。螺鈿細工をして無形、屍庫から発達してエンブリオ、そのありえざる 法則に呪いこそ祝いを。



《虚淵》
 “成った、か──”
戴天剣法が秘奥技、『六塵散魂無縫剣』。
今ここに……絶技、開眼。
秒間数十発の回転速度で撒き散らした銃弾が、ただ一発の例外もなく倭刀の防御に弾かれたという事態を、ペトルーシュカの戦闘AIはどう判じたのか。
いずれにせよ、突進する濤羅《タオロー》に内懐まで踏み込まれた彼女に、続く挙動ではどう対処する術もなかった。
白刃一閃、刎ね飛ばされた人形の首が高々と宙に跳ぶ。
流星の尾のように靡くそのブルネットの頭髪を、濤羅《タオロー》は返す刀の峰で絡め取った。
引き戻す倭刀と入れ違いに、左から繰り出す掌底の一撃。
とどめに打ち込まれた『紫電掌』は、ペトルーシュカのボディとそれを統べる戦闘AIを完全破壊し……だが、そんな苦痛の源とすでに分かたれていた頭部は、悲痛な絶叫を放つこともなかった。



3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 07:19:57.03 ID:epLAcvQX0
鬼哭街か
懐かしいな



4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 07:20:54.04 ID:LVA3pqyy0
>“成った、か──”
>戴天剣法が秘奥技、『六塵散魂無縫剣』。
>今ここに……絶技、開眼。

しょっぱなから草不可避



6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 07:21:16.93 ID:doGTyoOO0
奈須の方は毎度毎度どのシーンだったか思い出せずにもやもやする



8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 07:22:05.53 ID:Q0xd+Ark0
奈須はギリギリセーフ



11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 07:23:15.38 ID:MAR0/N900
《虚淵》
 “成った、か──”
戴天剣法が秘奥技、『六塵散魂無縫剣』。
今ここに……絶技、開眼。

あーうん


《中学生》
 “成った、か──”
戴天剣法が秘奥技、『六塵散魂無縫剣』。
今ここに……絶技、開眼。
お、おう・・



13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 07:23:39.03 ID:CEByIHk/0
恥ずかしくて読めない



15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 07:24:07.44 ID:XUCU5TIk0
ゲームは厨二すぎるくらいがちょうどいい



22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 07:28:16.49 ID:JouNJloG0
今ここに……絶技、開眼。

なんかカイジっぽくてワロタ

今ここに……絶技、開眼っ・・・!



25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 07:32:21.63 ID:pWxRqpHn0
今ここにッッ……絶技、開眼ッッ~~!



28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 07:33:31.16 ID:xerQTjWH0
せめて最新作にしてあげてwwww



35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 07:37:32.87 ID:9QPuS0pY0
好評みたいなので

対サイバー気功術『電磁発頸』。
徒手空拳でサイボーグを屠る|殺戮の絶技《アーツ・オブ・ウォー》。

「あんたは……」
樟《ジャン》はひとつの名を知っている。
ただ独り……想像を絶する鍛錬の果てに、その功夫に至ったただ独りの男。

人呼んで、“紫電掌”|孔濤羅《コン・タオロー》。
決して思い返すはずのなかった男。

「死んだはずだ!」
半ば裏返った声で|樟《ジャン》は|糾《ただ》した。

「あんたは死んだ……あんたは、とっくの昔に!!」

「そうだ、|樟《ジャン》。俺は死したも同然よ……」
男の声音は凍っていた。
もはや人の声とさえ思えない。黄泉の底から吹く風なら、きっとこんな音を立てるだろう。

「同じ釜の飯を食った貴様らに、義兄弟の杯を交わした貴様らに……今日より俺は牙を剥く」
恐怖に囚われた|樟《ジャン》をよそに、少女は無言のまま刀を差し出した。

「|孔濤羅《コン・タオロー》はマカオで死んだ。今ここで剣を執るのは、ただ一匹の鬼……復讐の、鬼よッ!!」
殺意に凍えた鞘鳴りとともに、男は刀を抜き払う。



89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 08:56:31.39 ID:n3JIvwVVO
>>35
これ読みたいな、エ口ゲのキメイガイだかいうのだったか



91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 08:58:29.68 ID:aeY/M4JT0
>>89
鬼哭街だな
組織最強の暗殺者で対サイボーグ必殺の電磁発剄を操る主人公が、
自分を裏切り妹を殺し、その人格を引き裂いてコピーしたセクサロイドを回収しながら組織の幹部に復讐する話

978_20110319022634


36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 07:37:57.95 ID:HBIWY0nV0
新聞記事みたいな文章だな



41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 07:45:22.58 ID:JfZ1ECCT0
ここまで厨二だと逆に清々しい



48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 07:50:22.34 ID:4jq6XuigO
虚淵は厨二ですむけどきのこは手遅れ



49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 07:50:30.63 ID:uLg/gwJgi
少年漫画と大差ないっつの



50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 07:51:25.71 ID:UpRfhAwy0
きのこはいいぞ
慣れると心地よさすら感じる

fate-extra_ccc


51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 07:51:27.88 ID:qPJY/sD80
こんぐらいで良いんだよ厨二エ口ゲは
誰でもわかるくらいあっさりとした表現でバトル描かれてもつまらんだろ



60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 07:58:38.07 ID:DPckiBSY0
新作ではネタ台詞ばっかだったな真面目な話してるのにネタ混ぜるなきのこ



65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 08:02:30.53 ID:MyPMiROj0
>>60
ひたすらニンジンを食べればよろしい。



67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 08:02:57.74 ID:dKTUm9h30
きのこ作品は勢いで乗り切るから文章なんざ関係無いんだろう

多分



72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 08:08:02.90 ID:bic1eFpOO
>>67
きのこは場の空気を書くのは上手いと思うぞ



77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 08:19:40.22 ID:oKKpjpj10
ウロブチの文もうちょっとマシなの選べよ
リズム感があって俺は好きだ



79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 08:38:46.85 ID:ICwtsgy10
奈須きのこ
――鈍、という炸裂音が、私の頭を掴み、後ろへと捻じ枉げる。
「――突如、背後から爆発音が鳴り響いた。その刹那、俺はダレよりも疾く振り返る―――ッ!」
      鈍という爆音
       轟たる爆風
背後から襲い来る圧倒的な大気の奔流に体が軋みをあげる
             ケ イ
      嫌な予感がする
       リ  テハ ケ イ
逃げようとする意識とは裏腹に、身体はゆっくりと反転していく
      フリ イテハイケ イ
  振り向くまいと必死に力を入れた首まで難なく回され
      フリムイテハイケナイ
     体が反転しきった瞬間
イケナイイケナイイケナイイケナイイケナイイケナイイケナイイケナイイケナイイケ
      意識までが反転した
「―――――――――」
閃光、爆発、衝撃―――。
消える視界、音を超え無音、予測し得る破滅。
走る石塊、破裂する風。混沌と矛盾、破壊と再生。目の前にある絶望。
気付くな。忘れろ。振り向くな振り向くなふりむくなフリムクナ―――!
――――――ああ。
それでも振り向かなくてはならない。
元よりそれは、永劫不変に定められた因果なのだから―――



81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 08:40:50.53 ID:qJ1DNJlF0
>>79
これ系列だと吉野家コピペが良いな



82: ◆NNG5Td2iNs :2013/03/31(日) 08:42:23.84 ID:ICwtsgy10
>>81
吉野家が近所にあるならば、そこへ行ったのは昨日の事だっただろうか。
そこは溢れんばかりの人だかり。故に座る場所すらも無い。
よく見れば、垂れ幕が下がっている。『150円引き』と。そう、書いてある。
ああ、アホかと―――馬鹿かと。
150円引きごときで、普段は目もくれやしない吉野家に、足を運ぼうだなんて―――。
否。150円。それは断じて、たったの150円なのだ。
親子連れなども来ているあたり、そのおめでたさといったら、ない。
「ヨーシ、パパ特盛頼ンジャウゾー」
もう、見ていられない。
お前ら、150円をくれてやるから―――即座にその席を空けろ。
元より吉野家というのは、もっと殺伐としているべきなんだから―――!



83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 08:43:41.12 ID:qJ1DNJlF0
>>82
何度見てもラストの「なんだから―――!」で笑ってしまう



85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 08:47:49.23 ID:aeY/M4JT0
死が来る。
最強にして最凶、近づいた物を全て滅ぼすと謳われた妖甲が、
その呪の究極を解き放とうとしている。
絶対不可避の死の運命。村正。
悟ってしまった。
理解してしまった。
真改の甲鉄は――無双無敵であるはずの防壁は――
今より訪れるものを決して防ぎ止められない。

ようやく気付いた。妖甲の妖甲たる所以。
あれは死。
あれは滅び。
ただ純然たる、それ。
関わってはならなかったのだ。
近づいてはならなかったのだ。

《いかに堅固な城砦とて……天の鉄槌の前には脆いもの》

 エンチャント   エンディング
《磁波鍍装――蒐窮》
《諒解。死を始めましょう》
《吉野御流合戦礼法、”迅雷”が崩し……》

 レールガン       マガツ
《電磁抜刀――――”禍”》



90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 08:57:48.64 ID:XuTrfVR50
これだけ才能あれば売れるわけだわ



94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 09:03:07.15 ID:hZCdxZ3d0
西尾維新はこいつらと比べてもぶっとんでる



98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 09:10:48.45 ID:Z0+b9bXn0
きのこは最近結構文書良くなってるよ



99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 09:11:06.14 ID:aeY/M4JT0
風を巻いて馳せる迅雷の太刀筋――――
長髪なびく軍装の麗人が切先に掛かり、
傍らの老女と共々大胆な外科手術の被検体となるまで
余す時間はあと一秒の半の半々、
有るか無きかというところ。

つまりは充分。
鋭利な錐が薄紙一枚貫く時を費やして、
両者の間隙に押し入り殺意の閃光を打ち弾く。

……驚愕の声はない。
死骸になり損ねた二者の生身の感覚は
武者の挙動を捉えまいし――――
刃先を逸らされ存分に土を裂いている竜騎兵は
いま報復を成就した夢想の只中であろう。

現実との齟齬に気付くのは近未来。
その時間をも貪欲に奪うと決断し、左足を踏み込む。
膨大な重量が一点に集約され、
足の裏で山腹の固い地面が沈んだ。
鉄杭の如く足場を食い締める下肢、
これを軸にして旋回、六波羅武者の胸甲を右肘で突く。



やっぱりクライマックスシーンのレールガンよりこういう地味な戦闘が上手いよな奈良原



102:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 09:16:09.20 ID:n3JIvwVVO
>>99
剣劇アクションのスピード感がいいな、鬼平でも読んでる気分になる



103:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 09:17:44.45 ID:aeY/M4JT0
>>102
流派は明かしてないけどガチで剣術家って言ってるしね
剣客ものの小説もきっと大好物

muramasa


107:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 09:20:53.15 ID:n3JIvwVVO
>>103
やっぱり物書きはその分野に精通したの書くと面白いな
銃なら銃、剣術なら剣術
滲み出るものが違う



104:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 09:18:20.89 ID:94tGsEau0
虚淵もきのこも西尾も、こいつらの文章は意識してこういうのになってんだから、それがある意味持ち味になってるからまだいい
本当にやばいのはただ単に文章が下手くそなやつ




116:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 09:28:56.06 ID:cRIwo6KV0
確かに実際に通して読んでる時は気にならないどころか気分を盛り上げてくれて好きだけどこうやって抜き出して読むとすごいな



128:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 09:39:04.61 ID:all0ZhekO
てゆーか一部分だけ抜粋して草なんか生やしてたらバカにしてるようにしか見えないし
そういう意識で読んでしまうんだよ




136:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 09:42:55.49 ID:8YVVnxkC0
何だ今のラノベと同じじゃん



145:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 09:46:25.97 ID:ecgPmi1G0
キノコや虚に限らず日本の物書きは発勁に夢を抱き過ぎ
武道空手で言うとこのガマク・ムチミ・チンクチくらい基本の技術なのに



149:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 09:47:36.01 ID:aeY/M4JT0
>>145
そこはホラ
アメリカ人にとっての忍者
イタリア人にとってのガンマン
日本人にとっての気功って奴で……



146:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 09:46:27.44 ID:0YN3Q3U90
この2人よりさらに厨二なのが正田崇

20120317111010ec1


152:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 09:49:32.74 ID:CBatWi3O0
いいからきのこはDDD書けよ



164:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 09:57:51.29 ID:0YN3Q3U90
虚淵玄VS奈須きのこVS東出祐一郎VS奈良原一鉄VS正田崇



167:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 09:59:52.01 ID:CBatWi3O0
>>164
VS鏡裕之

ミラーマンの圧勝だな



173:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 10:05:40.99 ID:0YN3Q3U90
>>167
誰だよwww



175:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 10:07:38.77 ID:n3JIvwVVO
>>173
みるくじゃんきーを知らないとなっ!?



171:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 10:03:52.41 ID:v/8A+/QZ0
こういうのは馬鹿にしたくなりがちだけど、書けと言われるとそれはそれで難しかったりする
菊地秀行とか、あの辺に影響を受けた世代なんだろうけど、
昔のオタクは基礎的な教養は持ってたりするからな
押さえるべき文学は読んでる上で、ジャンクなものとわかった上で書いてて、
読む側もそれを承知の上というか



177:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 10:08:41.11 ID:qJ1DNJlF0
>>171
しかしブッチーもきのこも影響を受けた作家に菊地秀行は堂々とあげるのに
明らかに格闘描写に関しては影響受けてる夢枕獏を上げないのは何の陰謀でしょうか



174:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 10:07:19.06 ID:9YlVxHTr0
馬鹿な内容を書き続けるのは、意外と大変
大抵は耐えきれず正気を失ってしまう



178:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 10:08:44.81 ID:aeY/M4JT0
>>174
ギャグ漫画家の末路とかだな



182:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 10:13:31.46 ID:IfiGEAKl0
>>178
カービィ……



189:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 10:21:03.72 ID:2OD6QzWt0
ナスってこんなくどかったっけ



192:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 10:24:27.18 ID:CBatWi3O0
>>189
そら特にそういう部分を抜き出してるから



194:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 10:24:44.82 ID:c/ZUF6PK0
那須の方は
「ここに何かおかしな文章が書かれていますよ」ってことさえ読者に伝われば、詳しく読んでも読まなくてもいいような部分だけど

ぶっちーは普通に盛り上がる大事なシーンだな



197:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 10:26:16.04 ID:8MyenWmPO
◆小説
「後ろで大きな爆発音がした。俺は驚きながら振り返った。」
◆ケータイ小説
「ドカーン!びっくりして俺は振り返った。」
◆ラノベ
「背後から強烈な爆発音がしたので、俺はまためんどうなことになったなぁ、とか
そういや昼飯も食っていないなぁとか色々な思いを巡らせつつも振り返ることにしたのである」
◆司馬遼太郎
「(爆発--)であった。余談だが、日本に初めて兵器としての火薬がもたらされたのは元寇の頃である…」
◆荒木飛呂彦
「背後から『爆発』だアァァァッ!これを待っていたっ!振り返ると同時にッ!すかさず叩きこむ!」



200:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 10:29:04.72 ID:n3JIvwVVO
>>197
「背後から『爆発』だアァァァッ!これを待っていたっ!振り返ると同時にッ!すかさず叩きこむ!」
返り討ちフラグじゃないですかー



199:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 10:28:00.04 ID:8MyenWmPO
◆村上龍
「後ろで爆発音がした、汚い猫が逃げる、乞食の老婆が嘔吐して吐瀉物が足にかかる、俺はその中のトマトを思い切り踏み潰し、振り返った。」
◆奈須きのこ
「――突如、背後から爆発音が鳴り響いた。その刹那、俺はダレよりも疾く振り返る―――ッ!」
◆矢口真里
「子供の頃からボンバーマンが大好きで、爆発音がしたらつい後ろを向いちゃうんです。
多分、芸能界では一番マニアックなボンバーマン好きだと思いますよ。
◆京極夏彦
「凄まじい音とともに地面が揺れる。――爆発、ですか?私が問うと、彼は白湯とさして変わらぬ出涸らしをすすり、
――だから何だと言うのか。と答えた。りん、と、何処かで風鈴の音がした。」
◆池上彰
「じゃあ、そもそも爆発って何なんでしょう皆さん気になりますよね?
そこで図を用意しました ちょっと後ろを見てください」
◆弓弦イズル
どごーーーーん!
「むっ」
「むっ」
「むっ」
「むっ」
ぴきゅぃーん。
「「「「爆発音の予感がする」」」」



204:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 10:30:43.24 ID:aeY/M4JT0
銃とエンジンが好きなおっさんだからな
オタクでも厳つい部類だろ



206:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 10:32:39.12 ID:v/8A+/QZ0
上の爆発音のコピペではうまく再現できてないんだけど、
妙なレトリック使わずに直截的な言葉の選び方でインパクトの強い文章を書けるといえば、村上龍だったりする



210:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 10:34:09.55 ID:yee4fNZSP
正直これらと比べると西尾は言い回しがくどいだけでかなりまともに見えるが那須虚淵の悪いとこだけ抜粋してるから?



213:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 10:36:18.62 ID:aeY/M4JT0
>>210
悪いところというか物語全体を見ないと作風ってわからないですし

虚淵は確かに過去の名作からの引用ばっかりなんだがそのチョイスにセンスがある気がする



217:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 10:37:49.29 ID:O1AGD8Oh0
>>210
奈須のは悪いところ、というかキャラが発狂した時に脳裏に流れた文章

虚淵のは普通に盛り上がる場面



215:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 10:37:07.17 ID:cRIwo6KV0
確かにきのこのこういう文章は読み飛ばしても問題ない部分だな
読まないといけない部分は普通に読める



216:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 10:37:35.40 ID:Xm6dwMbi0
文章力が激しいってどういう意味なんだろう・・・



225:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 10:45:27.02 ID:Q+XP66gV0
>>1のきのこの文章が全く理解できない
俺の頭がクラッシュしたわ



229:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 10:51:16.02 ID:n3JIvwVVO
>>225
主人公がとち狂ってわけのわからない言葉がひたすら頭の中に流れてると思えばおっけいよ



230:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 10:54:21.28 ID:Q+XP66gV0
>>229
なるほど、文字通りクラッシュした主人公の脳内描写か
意味わかんなくておkなのね



231:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 10:54:22.42 ID:aeY/M4JT0
物凄いスピードで勝手に文章が流れていくタイプの奴ね
読ませる為に書いてる部分じゃないからそら適当になるわな




53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 07:53:19.90 ID:zy5VcCTmP
くぅ~成りましたwこれにて絶技、開眼です!


http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1364681869/l200
このエントリーをはてなブックマークに追加